全部夢だった

朝目覚めたとき、なぜだか泣いていた。

何か夢でも見ていたのか、それはどんな夢だったんだろうか。

 

寝ぼけ眼のまま、布団の上で寝返りをうったとき、何かを思い出しそうになった。

でも、それが何なのかは全くわからない。

 

空腹を感じたので、起き上がることにした。起き上がった瞬間、なぜだか言葉が出てきた。

 

「何が食べたいかな。」

 

誰かに向けたわけでもなく、飛び出す言葉。

 

朝ごはんを作ろうかとも思ったけど、窓の外へ目をやると、とてもいい天気だったので外へ出たくなった。

 

「今日は鴨川でモーニングしようか」

 

誰宛でもない言葉がまた発される。

 

財布だけ持って、上着を羽織って外へ出る。肌寒い季節になったものだ。

温かいコーヒーも飲みたくなる。

 

あんまり入ったことがなかったけど、ずっと行ってみたいと思っていた近所のパン屋さんへ行って、パンを見ていた。

お盆を手にとって、あれもこれもと選んでいたら、パンの山ができあがってしまった。

 

「分ける相手もいないのにね」

 

思わず呟いてしまった。

 

「パンは冷凍して保存ができるので、よかったら凍らしてあげてください。」

 

と、後ろから声がした。

店主さんらしき人の声。

 

「ありがとう。そうします。変なことを言ってしまって申し訳ない。」

 

「お気になさらず。もうお会計されますか?ちなみにコーヒーのテイクアウトもございます。」

 

「ここはコーヒーも出してるんですか?それは嬉しい話…そろそろお盆も限界ですし、お会計お願いします。」

 

 「どうぞこちらへ。」

 

山積みになっていたパンたちが、1つ1つナイロン袋や紙袋に仕分けられて行く。

そして最後には1つの袋にまとまってきれいに収まった。

 

「コーヒーはどうされますか?」

 

「あ、じゃあホット1つ」

 

お金を支払って、渡されたレシートを何の気なしに眺めると、コーヒーが書かれていなかった。

 

「あの…コーヒーだけお会計出来てないみたいです。いくらですか?」

 

「パンをたくさん買っていただいたので、サービスです。気にしないでください。」

 

「え…いいんですか!?ありがとうございます。ラッキーだなあ。」

 

「今日一日がいい日になるともっといいですね。どうぞ。」

 

「ありがとうございます。」

 

差し出されたコーヒーを持つと、ほんのり温かかった。なぜだかホッとした。

 

 

 

つづく。

 

晴れたら公園へ

 

 

 


f:id:mscofficial:20170616101912j:image

 

ピクニックが好き。

 

少し暑いくらいの晴れた日に

友達と駅前で待ち合わせをして

コンビニやデパートなんかで

それぞれ欲しいものを仕入れ

ビニールいっぱいに抱えて公園に向かう

この道のりがまた楽しい。

 

「日焼け止めを買わなきゃ」

 

「見渡す限り美容院ばっかり」

 

「今ビール買ったらぬるくなっちゃう」

 

なんでもない話ほど楽しい。

 

車が行き交う大通りの、日陰を選びながらとことこ歩いて公園に着き、適当な木陰に薄っぺらいビニールシートをひいて寝転ぶ。

こんな幸せがあるのか!

 

目の前には青空。

シートごしの芝生がふわふわ気持ちいい。

見渡せば学生カップルや外人、小さな子供やその親達。

 

みんな思い思いの晴れの日を過ごして。

 

ふと目線を遠くにやると、広い公園の向こう側には高層ビルがにょきにょき。ああ、ここは都会だ、東京に居たんだったと再確認しつつ一瞬のバカンスを味わい尽くす。

 

コンビニおにぎりも部屋で食べるより外の風の中で食べる方が美味しく感じる。

 

ぬるくなりかけたビールの炭酸がやけに染みる、これも不思議。

誰かが隣にいるとそんなことを数倍幸せに感じる。

 

時々シートに迷い混んでくる虫もご愛嬌。

私たちの陣地に入らず、自分の居場所に帰りなさい、って葉っぱかぶせる。またはデコピンで遠くにぽーんと飛ばしてしまってちょっとごめんなさい。

 

回復期にある患者が最初に描くのは自然の絵が多い、っていうのは完全にうろ覚え。だけどずいぶん昔、医者がそんなことを言ってたような。

 

葉や木が揺れるのは、誰の手も加えられてない自然な風景。無意識に癒される。

 

たとえば少し切ない話をしても、ピクニックでは目に見えるものに一切の重みがないから心理的に楽に感じる。

 

同じように考えると、夏も好きだ。全部「暑い」が持っていってくれる。

 

そのうち時間が過ぎて、公園に蛍の光が流れはじめ、人の流れが出口へ向かいはじめる。

 

もう少し居たいな、くらいが丁度いい。

 

たっぷりの風や少しのビール、楽しい会話で体の中がいっぱいふくれて「息抜きした」って都会の真ん中で楽しむ休みの日が大好き。

 

感傷的になるのは暇だからだ。

なので、そんな「暇」を充電に費やすため、私はピクニックへ。

 

 

次はいつかな、ビール抱えて。全てサボって。

 

 

 

日記

f:id:mscofficial:20171025233327j:image

 

10月に入り一気に冷え込んできた。朝晩だけだったのが昼も涼しくなり、いつの間にか底冷えするようになった。

 

半袖短パンというラフな格好でベランダに出て酒を片手にタバコを飲むのが習慣だったが、最近は寒いからブランケットにくるまって外に出なければならなくなった。

 

体調も思わしくないような気がする。パブロンや葛根湯が必要になるとだるいから半身浴で体を温めてごまかそう。

 

寒さが原因かどうかは知らないが、仕事に精が出ない。こんな日もあると言いながら切り上げて帰る日が1週間近く続いた。皆残って何に取り組んでいるんだろう。

 

思えば学生の頃は冬が好きだった。もうすぐ年の瀬だと思うとやる気が出てきた。何のやる気かはわからないが、もう少しで年が終わると思うと妙な充実感があった。今は違う。1年の過ぎるのがどんどん早くなっている。妙に歳をとった感覚になる。私より歳上のにんげんなんて数えきれないほどいるのに。こんなんだけど11月で25歳になってしまう。秋に生まれたから秋は憎めない。

 

 

彼と出会ったのは23歳の時だったから、24歳の時期をまるまる一緒に過ごしたことになる。一度しか来ない24歳。何をしたかと聞かれたら、転職と引越しだと答える。彼のことはあえて出さない。私の一部ではある。欠けてはいけないけど、あくまで70歳くらいまでの人生分のちょっとの期間を少しだけ伴走しているのかなって思う。

 

ただ出会ったときから彼は彼以外ではいけなかったように思う。1人で飛び込んだワインバーで出会ったとき、DVで凝り固まっていた気持ちが急激に緩んだのは事実だし、その後桜の名所の話をされた時に、ここには1人で行くのがおすすめだよって言われて、男女の駆け引きとか何も考えなくていいんだと癒されたのも事実。後日それはおれのテクニックだったと言われた時は舌打ちしたい気分になったけど。

 

土曜の真っ昼間からベランダでビールを飲んで、色んな出来事を反芻する。思い出は冷えた体を温かく包んでくれたり、冷たく突き放したりする。

その全てを受け入れながら目の前の雨を眺める。この瞬間さえ明日にはなくなる。1人として同じ自分はいないとさえ思う。こうやって感傷的なるのは、暇だからだ。