結局全部思い出ですよね


f:id:mscofficial:20170801000907j:image
 

二日酔いになりがちなマリアンヌです。

 

こないだ、お祭りのお囃子に惹かれて歩いてみたら金魚すくいがやってたので、いい大人2人で試してみました。

 

なかなかすくえない私に対して彼は次々すくい、ポイの上で金魚がばたついてもお椀に誘い込んでは笑顔。私は早々に破れスマホで写真をとって笑顔。

 

なかなかに曇った暑い夏のデート。その後涼みに入ったビルで金魚すくいのコツを楽しく話しながらエスカレーターを上っているとグルメ階に。

 

すると目の前には都内に何店舗かある少し高級なお店が。

それを見てはっとしました。そこ、彼が前忘れられなかった人と行った店だったので。

 

付き合う前にそれをSNSで見てしまい知っていたから、私は何も言えず言わず。

 

彼は、この店ってこのビルにも入ってるんだねと一言だけ。私がそれをどんな思いで聞き流してるかを永遠に知らない彼が、かわいかった。

 

20年

30年

40年

 

その位生きれば、様々な思い出があるのは当然。彼がそんな一部を思い出してどう処理したかは知りません。

 

懐かしんだかもしれない。また会いたくなったかもしれない。憎くなったかもしれない。一瞬私といることを忘れたかもしれない。

 

それでも、同様に忘れられなかった人にもらった腕時計を未だにつけてる私だって何も言えない。だからこそ、会えない人を想う気持ちが分かって切ない。

 

生きていく上で思い出を積み重ねていくのは、その時幸せでもいつか辛くなるもの。けどその時感じた思いは心の底から出た本人だけの本物の感情で、第三者が踏み込めるものじゃないんですよね。

 

私にも忘れられない人はいたけど、もうその時に戻りたいとは思わない。誰にも共有したくない、その時の相手にすら分かってほしくない、自分だけの気持ち。持ってた気分。気持ち。

©自分です。

 

海を見に行ったとして、その海を見るお互いにお互いの海がある。

一方は初めて見る海に新鮮な喜びを感じていたとしても、もう一方はかつて来た海にもう一度別の人と来られた、時の流れの方に喜びを感じてるかもしれない。

 

それは自分以外の誰にもわからない気持ちで、邪魔できないもの。

 

だから相手に自分の感情を押し付けるのは、つまらないことだと思います。

 

私は海に関して喜んでいた前者ですが、すごく幸せな思い出を持った海でも、戻りたいとは思わない。海も店もその時その一瞬だけ私のものだった。その事実で十分です。

 

隣に誰がいようと関係なく、感じた気持ちや抱いた感情は「©私」であり誰にも渡さないって思ってしまう。共有できるものではないから、描写したいとは思っても戻りたいとは思わない。しかもこれからも「今回」を超えるほどの思い出を作り出したい。その時隣に誰がいても構わない。

 

それはきっと相手もいつかそうだったかもしれないし、そうなるかもしれない。

だから誰と来た海なんだろう?とか、この店で昔何を話したんだろう?とか、あくまで私主観の気持ちなんて所詮、本人のほんものの気持ちには及ばない。

 

お互いがそうであるように、人間生きていればしわと共に思い出や記憶も刻まれているものです。

 

そんな証である今を愛せるのであればそれは幸せで、成長でもあるのかもしれない。

 

だから私は彼とどんな綺麗なものを見ても、辛い思いをしても、相手のこころに入りこめるとは思わない。ちょっとならお邪魔して支えにはなれるかもしれないけど。

あくまで全ては自分目線の、自分のための思い出としてストックするだけ。

 

いつか人生の節目、結婚や出産や死、その瞬間に振り返って、ああ幸せだったと言えれば幸せです。

 

だけど相手が目の前の私を忘れて思い出に浸っていたら少し切なくて、その瞬間だけ現実の女として風景に入り込むことで浸る邪魔をするのも、切ない思い出として私の一部になり、満足してしまうんですよね。